topimage

2018-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[GTコラム] ついに最終戦!チャンピオン候補はこのメンツだ! - 2014.11.11 Tue

ご訪問ありがとうございます。

1週間の中日・・・いかがお過ごしでしょうか?

明日は少し大学を早く抜けれないかなぁとかおもっとるですよ。

ちとお出かけしたので(笑


さて,本日は久しぶりのGTコラム。

141111.png

ついにスーパーGTは今週末,最終戦を迎えます。

で,現在チャンピオンに可能性を残すチームを紹介しておこうかなと思います。

もちろん書いてる内容は個人的主観を大いに含んでいますのでご了承を(^^;

それでは続きはRead Moreから。



さて,まずはGT500クラス。

ランキング順に紹介いたしましょう!

67ptでランキングトップ,#36 ペトロナス トムス RC Fを駆るジェームス・ロシター選手。

1411111.png

びっくりしましたよねぇ・・・タイ戦でのタイヤ無交換奇襲攻撃(笑

まぁ37号車,39号車もやりましたが・・・この36号車ペトロナスは鈴鹿1000kmから連勝をつかみました。

関谷監督のにやりとテレビカメラに向けた笑顔・・・いやぁさすがです(^^;

ただ,鈴鹿でのアウトラップの接触防御からしてもそうですが,暴れん坊なんですよねぇ・・・。

そう,相方の中嶋選手はWEC参戦で2戦ほど抜けておりますので,王者の可能性はありません。

したがって相方のために最終戦を走ることになります。

なんかこのクールな中嶋に暴れん坊ロシターという組み合わせは,見てる側には凸凹すぎて面白いです(笑

このチームがチャンピオンを取るために必要なのは・・・落ち着きかも?

まぁプレッシャーにやられる二人ではないとは思いますが,特にロシター選手にはこけないことを祈ります。

続いて,64ptで2位,#37 キーパー トムス RC Fの伊藤・カルダレッリ組。

1411112.png

今シーズンの開幕戦でRC Fだけでなく2014規定車両のデビューウィンを飾ったチーム。

シーズン中な~んとなく他陣営にとっていやらしい位置でフィニッシュしまくった(?)甲斐あってランク2位。

といっても,この順位に聞いてるのはタイ戦でのタイヤ無交換作戦ですけどね(^^;

いやはや関谷監督の采配はすごすぎる。。。

二人とも目立たないんですが(すみません・・・汗)いい仕事するんですよね~。

大ベテラン伊藤選手は言うまでもなく,カルダレッリ選手も攻めるときは攻める・・・メリハリのある走りをします。

途中失速もしましたが,燃料リストリクターを苦手とするRC Fの特性にちょっと苦戦した模様。。。

ただ最終戦はノーウエイトですからね・・・開幕戦のように勝てるといいなぁ。

まぁ戦力図はずいぶん変わってますから同じようにすんなりいくとは考えづらいですが。

ちなみにこのチーム・・・個人的な希望も含めると一番チャンピオンに近いと思っています!

したがって,光る速さを予選から見せてくれることに期待したいと思います☆

ここまでトムスが1-2と来ていますが・・・これに待ったをかけるのがこのチーム。

1411113.png

61pt ランキング3位,#23 モチュール オーテック GT-Rの松田・クインタレッリ組。

今シーズンの第3戦オートポリスで優勝し,新規定のGT-Rの強さを存分に発揮。

鈴鹿1000kmでは惜しくも2位となりましたが,ランキングトップに躍り出るなど好調をキープ。

やっぱり日産のエースチームは王者争いに加わらないことを許しませんなぁ・・・笑

正直,タイ戦の時は3位スタートということと日産好調ということもあって一番王者に近いと思ってました。

・・・が,レクサスが奇襲大作戦で逆転。

そして何をあせったか,松田選手の珍しい接触ミス・・・でペナルティ。

一気にレクサスに流れを持っていかれちゃったわけです。。。

これは日産陣営としては緊急事態・・・何をもってしても最終戦で優勝が至上命令でしょうね。

ただ,このチームは2人ともエース格で地力に勝るすばらしい強さを誇っています。

また,まだ戦力図が見えてはいませんが個人的にはもてぎはGT-Rが得意そうだなぁと踏んでいます。

したがって,実はトムスのチャンピオン獲得って結構ヒリヒリしてるんですよね(^^;

実は王者獲得はこのチームが近いって予想も非常に多くてよ・・・泣

間違いなく予選から勝負をかけてきますね!

そして日産からもう一台・・・60ptで4位,#12 カルソニック インパル GT-Rの安田・オリベイラ組。

1411114.png

第2戦富士では予選で300km/h超をマークし,圧倒的優勝を果たしました。

このチーム,結構トラブルやアクシデントに見舞われることもあったんですが,

チーム力を生かしてポイント圏内に滑り込むという強さを見せています。

タイでも序盤で最後尾に落ちてしまったものの結局3位でフィニッシュするという・・・。

まさに闘将星野監督のパワーをドライバーが受け継いでいるといえるでしょうね(笑

さて,そんなインパルはやはり暴れん坊のオリベイラがキーマンかなと。

昨年も王者争いに加わりながらも自爆してしまうことが多々ありましたしね。。。

したがってインパルファンは最後の最後までヒヤヒヤかもしれませんが,目が離せないチームですね!

個人的には・・・最終戦の展開の面白さはこのチームが握っていると思っとるですよ!

さて,そしてぎりぎりでチャンピオン争いに首の皮一枚つなげたチームが・・・ホンダ勢代表。

1411115.png

53pt ランキング6位(5位は中嶋選手),#18 ウイダー モデューロ NSXコンセプトGTの山本尚貴選手!

Zampさん,お待たせしました(笑

今シーズン開幕戦こそ走りきったものの第2戦では全車両トラブルに見舞われたNSX勢。

ミッドシップならではの熱害に悩まされていたようですが,これで選手権争いからは見放されることに。

それでも第4戦SUGOから大変革が認められ,一気に速さを取り戻しました。

そして第5戦・・・台風による暴風雨が吹きすさぶ富士で悲願のホンダ初勝利をつかんだのがこのウイダー。

以降もちょくちょく上位でフィニッシュした結果,最終戦にぎりぎり王者争いへと名乗りを上げています。

とはいえ・・・トップと14ポイント差というのは結構いろいろ起こらないと難しいレベル。

で,相方のモコヴィッキ選手は最終戦はお休み。

その代役として・・・なんと伊沢選手が!!

そう,あの伊沢・山本という名コンビがこの最終戦で復活です。

もてぎというコースと,このパッケージングからしても優勝の可能性は結構高いんじゃねぇの?

ってくらいに期待が高まるわけで。。。

しかも伊沢選手はNSXの開発ドライバーやってましたからねぇ。。。

このチームが王者争いを引っ掻き回すかもしれませんね!

とにもかくにも楽しみすぎるGT500最終戦。

私が現段階で予想するチャンピオンは・・・希望も含めて#37 キーパー トムスの2人です!!

さぁ・・・どうなるか!?


続いてGT300のお話。

チャンピオン争いは3台に絞られました。

ランキング順に紹介!

67pt ランキングトップ,グッドスマイル 初音ミク Z4の谷口・片岡組。

1411116.png

いや~もうこのチームはGT300最強チームだね!

今シーズン怒涛の開幕2連勝を達成。

その後もなんやかんやポイント圏内に入り続けていき,ウエイトハンデが重くとも上位を争う強さを見せました。

開幕当時言われ続けて2014型BMW Z4 GT3が強いという説・・・たしかにありましたよね。

(後に紹介しますが)現にランキング3位のスタディ BMW Z4も王者を争ってますし。

鈴鹿1000kmではもう一台のBMW,LMコルサが優勝しました。

しかしそれ以上に,谷口・片岡というパッケージングがすばらしいんですよね。

2人ともGT以外にD1や86/BRZレース・・・そして各種DVDにも出演しさまざまなマシンをドライブしています。

そのドライビングテクニックは本当にすごいんです。

さて,そんな二人の駆るZ4はおなじみの初音ミクカラーの痛車ですが・・・それもまた人気の秘訣。

で・・・ランキング2位以下とは9ポイントも差がついていることから,かなり有利な位置。

トラブルやアクシデントに巻き込まれずしっかり走りきればおのずと結果はついてくるでしょう!

一方で待ったをかけるのが58pt ランキング2位の#11 ゲイナー ディクセル SLS,平中・ビルドハイム組。

1411117.png

なかなか優勝できないゲイナー・・・という個人的な印象ですが(すみません)。。。

とはいえ,ダンロップタイヤの特性を生かしたドライビングで予選が悪くとも一気に追い上げるという強さ。

特にチョイ濡れ状態の路面では他を圧倒するスピードを見せました。

それからもう1台の王者争いは先にもあげたBMW。

1411118.png

同じく58ptのスタディ BMW Z4,荒・ミューラー組!

今シーズン3台参戦するBMWのうち唯一未勝利のチームです。

しかし,初音ミク同様常に上位に食い込む速さを持っており,着実にポイントを積み上げてきました。

また,前戦タイでは最終盤でトップのGT-Rとコンマ数秒を争うデッドヒートを繰り広げ,惜しくも2位。

この勢いでチャンピオン獲得に向かうわけです。

いずれにしてもこの2チームは初音ミクの前・・・という生ぬるい考えではないはず。

絶対優勝!・・・これがこの2チームの至上命令かと思います。

したがって,予選が非常に重要になるかな。。。

開幕戦とかを見ている限り,BMW勢に若干分はあるかもですが・・・どうでしょうか?

ふたを開けてみないとわかりませんが,この3台が非常に激しいバトルを繰り広げてくれそうで楽しみです!

私のチャンピオン予想は・・・まぁ初音ミクだよね(^^;

ただ,個人的にはチャンピオンは取れなくともスタディにもてぎ優勝してほしいな・・・と期待。


もちろん,チャンピオン争いをするチームのみがレースをするわけではありません!

引っ掻き回す存在があります。

GT500でいえば未勝利のチーム・・・1勝をかけて全力投球してくるでしょう!

とくにもてぎが得意なルマンやレイブリック。

そして前回息を吹き返したヨコハマタイヤ勢のコンドーとバンドウ。

ディスレースの優勝争いはこのあたりのチームに注目ですね!

また,GT300はなんといってもJAF-GT勢が引っ掻き回しそうな予感(^^;

特にスバル BRZのスピードに期待しましょう!

とにもかくにも楽しみな最終戦は,今週末!!

ライブタイミングをフル活用して自宅観戦にいそしみます(笑

みなさんも自分の大好きなチームを応援しましょう☆


● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

[ドリスピ参戦記] 1周年記念イベント中間報告会(笑 «  | BLOG TOP |  » [ドリスピ参戦記] 1周年記念イベント進捗状況!

プロフィール

RYO

Author:RYO
三度の飯より車が好き・・・スーパーGTを中心にモータースポーツをかじりながら,愛車のドライブやミニカー収集,レースゲームに浸かる日々を送っています。
このブログは,そんな日々の一部を不定期更新で書き綴っていく自己満ブログです(笑

なお、このブログにおける写真・画像についての無断転載などは一切禁止いたします!
よろしくお願いします。

以下,ヴィッツ改造覚書…
・RAZO type 340R
・TOM'S ショルダーパッド
・CAR MATE GIGA
・PIAA LEDポジション
・CAR MATE LED スマーティオ
・SARD ラジエターキャップ
・柿本改 GTbox 06&S
・Kashimura KS-95
・HKS オイルエレメント
・MOTUL Jライト
・零1000 パワーチャンバー
・CUSCO タワーバー



最近のイベント

15.11.01.
新城ラリー DAY2








チャンネル登録お願いします

チーム参加中!


運転技術向上を目的とする車種限定なしのツーリングチーム
・RYO (P131 ヴィッツ)
・Masa (ND ロードスター)
・Miki(VAG WRX)
・Taku(GRF WRX)
・Yasu (ランエボV)
・Yuki (BRG レガシィ)


運転したマシン

・ビレル N35-X
・S500P ハイゼット トラック
・L260 ミラ
・L700S ミラジーノ
・GD フィット
・GK フィット
・DW デミオ
・DE デミオ
・NA ロードスター
・NB ロードスター
・NC ロードスター
・ランサーエボリューションⅤ
・パジェロイオ
・Z10 キューブ
・Z33 フェアレディZ
・R34 スカイライン
・BRG レガシィツーリングワゴン
・GDA インプレッサ WRX
・GRB WRX STI
・VAB WRX STI
・カプチーノ
・ZC31S スイフト
・ZC72S スイフト
・CT ワゴンR
・MH23S ワゴンR スティングレイ
・86
・E11# カローラ
・E13# カローラ
・AE111 カローラレビン
・コンフォート
・QNC10 パッソ
・CA2# ラヴ4
・P1# ヴィッツ
・P9# ヴィッツ
・P131 ヴィッツ


公式サイト










最新コメント



リンク

カテゴリー



月別アーカイブ



天気予報


-天気予報コム- -FC2-


ブログを書くならFC2

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。